ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2009.05.03 Sunday

「20世紀少年 第1章 終わりの始まり」を観る

上映開始前後で結構騒がれていましたね。前から観たいと思っていて、やっと観ることが出来ました。
自分はこの漫画を持っていて、2回程一通り読んだことがあるという前置きでの感想は、「端折り過ぎ」。
わざわざ高い金を払って映画館まで行かなくて良かった。
やっぱり漫画とか小説の実写版ってこうなってしまうのは宿命ですね。漫画だと細かいサブストーリーが
沢山あるのですが、(例えば、思いついた所で言えばオッチョがタイで女性を救うシーンなど)そんなのが
削ぎ落とされてしまっていて、そこが個人的には残念です。
あとは、様々な場所ー特に最後の細菌バラマキロボットが街を破壊していくシーンなどーでCGが使われ
ているのですが、それを「どうだ、凄いだろう!」と押しつけられている感じがどうもしてしまう。最後のゲ
ンヂがロボットの中で爆弾を爆発させるシーンがあるのですが、その後CGで新宿の色んなビルがその影
響で破壊されていってしまうんです。「どう考えても、あの爆弾の量じゃそこまで壊れないだろー!
と思わず画面に突っ込んでしまう程。
唯一良かったのは、実写になって映像的なリアリティがあったことと、片瀬那菜のコスプレナース姿か
なぁw

20世紀少年 第1章 終わりの始まり 20世紀少年 第1章 終わりの始まり
20世紀少年 第1章 終わりの始まり 20世紀少年 第1章 終わりの始まり
20世紀少年 第1章 終わりの始まり 20世紀少年 第1章 終わりの始まり
20世紀少年 第1章 終わりの始まり 20世紀少年 第1章 終わりの始まり
20世紀少年 第1章 終わりの始まり 20世紀少年 第1章 終わりの始まり
20世紀少年 第1章 終わりの始まり 20世紀少年 第1章 終わりの始まり
20世紀少年 第1章 終わりの始まり 20世紀少年 第1章 終わりの始まり
20世紀少年 第1章 終わりの始まり 20世紀少年 第1章 終わりの始まり
20世紀少年 第1章 終わりの始まり 20世紀少年 第1章 終わりの始まり
JUGEMテーマ:日記・一般

2007.12.06 Thursday

大日本人を観る

松本人志大ファンとして、映画館まで行って観ようと思ったけれど、世間のあまり良くない評価を耳にし、「まさか」、「松っちゃんをわかってないね」、と思いながらも、そうでなかった時のリスクが頭の片隅にあり、結局今になってDVDで観ました。

ストーリーをおおざっぱに言うと、代々巨人となって”獣”と戦う家系の6代目として存在する松っちゃん扮する大佐藤。その大佐藤が体験する”時代の流れ”との葛藤。
だいたいこんな感じのストーリーで、大佐藤に対して、作家長谷川(一人ごっつ。の大仏の声の人)扮するインタビュアーが色々と質問していくって流れ。映画全般の中で松っちゃん的ユーモア、メッセージが入っています。

で、観た感想。

映画館に観にいかなかくて良かった。。

はっきり言ってがっかりです。部分部分に入っている「あ、これ笑わせようとしてるポイントだな」って所がベタ過ぎる。確かにテレビかラジオかで松っちゃんが、誰にでもわかるように笑いの部分はかなりわかりやすくしたって言ってましたが、もうどうにもベタ過ぎる。しかも、最後のあのウルトラマン的な奴らが出てきた後のダラダタ感。観てて早く終わってくれってイライラ来ましたね。最後のエンドロールの部分が悪あがきって感じでした。

今まで、こっつええ感じ、ガキの使い、頭頭、ビジュアルバム・・・を観てきてとても期待していたのですが、ガッカリ。
自分からすれば今回の映画は”守りに入った”としか思えまえん。
次回作があるとするならばもっと攻めていって欲しいものです。


大日本人

JUGEMテーマ:日記・一般


Powered by
30days Album
PR